News Release

2018AFLチャンピオンが決定
2度の逆境を乗り越えた

Junsがチャンピオンに!!

予選を1位で通過したJuns(葛飾所属)がトーナメントでも強さを魅せて優勝。そして賞金5万円を獲得した。

しかし優勝までの道のりは決して平坦ではなかった。

早速トーナメントを振り返ってみよう。




予選1位のチームはトーナメント1回戦を勝てばすぐに決勝にいける優位なポジションにいる。

しかしジャイアントキリングが起こることもあり得るトーナメントでは"絶対"はない。

トーナメント初戦の相手はKRFC(川崎所属、トーナメント6位通過)。

前半を0-0で折り返した試合は後半に一気に動いた。先制点はJunsだったが残り2分のところで同点に追いつかれた。


その後は完全にKRFCペースへ。




しかし延長戦では見事にチームを立て直しVゴール、決勝へと駒を進めた。

一方、反対の山では

優勝候補コルボス(葛飾所属)とたこぼーず(葛飾所属)の対戦。どちらも譲らない拮抗した激しい戦いを

たこぼーずが制し決勝へ進出した。




決勝は1-1の同点で1分を切ったJunsのゴール前、ペナルティエリアで倒されたかに見えたが、ノーファール。

抗議を見せるが判定はそのまま、延長戦へ。

延長戦でも決着がつかず、ペナルティキックへ。



サドンデス制のペナルティキックは

Junsゴレイロが顔面で止め、Junsは確実にネットを揺らし、あっという間に勝敗がついた。

Junsはトーナメントに入り、2度の逆境を跳ねのけ優勝を勝ち取った。

マインドの切替へが確りとできたJunsはチャンピオンに相応しかった。

大会結果はこちら
アリーナフットサルリーグ

優勝したJunsは大学生が中心



決勝では見事にマインドの切替ができた



みなさんご参加ありがとうございました。
カルッツ川崎所属チーム分析
謹賀新年
明けましておめでとうございます。

2018年はサッカーのW杯イヤーです。

サッカーが4年に一度注目を集める、再認識される年ですね。

各地で開催しているアリーナフットサルリーグも過去にはアクションサッカー(コナミスポーツと提携)としてワールドカップがありました。

アリーナフットサルリーグで世界大会は難しいですが、全国大会はまた開きたいですね。


さて、葛飾区ではすでに2018年開幕していますが、川崎でも今週からスタートします。


是非アリーナフットサルリーグに挑戦して見てください。

また個人フットサルも開催していますのでご参加お待ちしております!!

それでは今年も宜しくお願い致します。


アリーナフットサルリーグ川崎





- CafeNote -